石田三成×滋賀県、石田三成CM<第一弾>。

なにやらネット上で話題になっているらしいと小耳に挟み見てみたわけですが、
これって2016年製作のCMなの!?」というのが素直な感想。

なんでまた、こんなアナログ映像みたいな感じなのだろう。
内容は製作した人のセンスよるから別として、映像までこんな古臭くしなくていいのに……。

【スポンサードリンク】


「武将なんてどれも同じでしょ?」
「武将と言えば、三成ー♪ 1560(イチゴー ロク ゼロ)滋賀県生まれ」

「配下に寝首をかかれないか心配で」
「配下にするなら、三成ー♪ 1560(イチゴー ロク ゼロ)滋賀県生まれ」

「忠義心、No.1宣言!」
「さぁすがぁ~!!(※故人の感想です)」
「石田三成ー♪」
「やっぱり、三成!」

「武将登用の際は、契約内容をよく確認してください。
 無理のない主従関係をむすび、雇いすぎにはご注意ください。

 本CMは忠義心を保証するものではありません。
 謀反によって生じた損失について、その責任はすべて利用者自身に帰属します」


これはあえてレトロに、そしてローカルCM色を強烈に打ち出しているのだろうけど、
現在、ローカルでも割と質の高いCMが流れているから、逆に本CMのインパクトが物凄い。

このオバサン(?)の歌声とか、その曲調なんかも、
「うわっ、古い! でも、一周回ってシュールで面白い!」とか思ってしまうものだわ。


ちなみに、以下のような目的があり、本CMが公開されたんだそうな。


滋賀県が謎の『石田三成CM』を公開 「頭から離れない」「意味不明」と話題に

『石田三成CM』は、石田三成の魅力を知ってもらい、長浜市、米原市、彦根市などのゆかりの地の魅力などを発信するプロジェクトの一環として、「石田三成×滋賀県」ポータルサイトで公開されている。


まあ、石田三成って“関ヶ原の戦い”で徳川家康に負けたというイメージが強くて、
なかなか彼に魅力を感じている人というのは地元の人以外では少ないのかもしれない。

勝てば官軍という時代だったわけだし、
敗者は勝者から悪く語られてしまうのも世の常だったことでしょう。


とはいえ、戦は下手だし、武断派からは嫌われていたというイメージも強いので、
正直、三成に対してネガティブな印象を持つ人が少なくないのも理解出来るんだよね。

「忠義心No.1」というのも、そりゃあ秀吉の子飼いだったからなぁ。
でも、秀吉の死後、秀頼に対する忠誠心は素晴らしいものがあったとは思うけれど。

信長の野望・創造 戦国立志伝
コーエーテクモゲームス (2016-03-24)
売り上げランキング: 86






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation