OH! NICE GET's!! ~ブギウギ ダンディ Classic Disco Funk Mix~

ダンディさんに関しては、テレビ出演が少なくても営業等でかなり稼いでいるという話は
以前聞いたことがあったんだけど、何気にCM出演も多いみたいで驚いてしまった。

まあ、彼の持ちギャグ的に使いやすいというのは分るものの、いまだに需要があるという点が
スゴイとしか言いようがないですな。アラフィフのおじさんだというのに

見た目に個性があるようで無いという感じも、割と重宝するのかもしれない。

【スポンサードリンク】

“隠れCM王”ダンディ坂野に出演オファーが途切れないワケ

ダンディのCM出演は現在4社。小島が「ベッキーに次ぐサンミュージックの“CMキング”」と言うように、12年にはお笑い芸人で最多の8社に出演していた。なぜオファーが途切れないのか。事務所関係者は言う。

「『ゲッツ!』という短い言葉がCMにもってこいなんだと思います。『○○を買いたい』というときに最も手短に訴求できる言葉。しかも、ブレークした当初より『ゲッツ!』の間が良くなっている。一発芸はコンマ何秒の世界で面白さが変わりますから。ひとつのギャグのみで勝負しているからこその強みだと思います」


しかし、ベッキーと並べられて語られるのも、その特異な存在を表している気がするものだ。

普通ならもっと若手の女性タレントとかがベッキーと並び立つところだろうに、
まさかのダンディさんなんだもんなぁ。事務所関係者も予想外なんじゃなかろうか。

メルカリ「新キャラ」篇CM





なにやら2012年においては、8社に起用されいたみたいだし、
そんなにメディアの露出が多かったっけ? と、ちょっと驚きを隠せません。

ちなみに、2012年のランキングは以下の通り。


ニホンモニター2012タレントCM起用社数ランキング

15社 石川遼

12社 櫻井翔(嵐)、鈴木福

11社 木村拓哉(SMAP)

10社 中居正広(SMAP)、相葉雅紀(嵐)、二宮和也(嵐)、松本潤(嵐)、向井理

9社 大野智(嵐)、香取慎吾(SMAP)、松岡修造

8社 ダンディ坂野、草なぎ剛(SMAP)、国分太一(TOKIO)、長瀬智也(TOKIO)、
   三浦春馬、チャン・グンソク



うわぁ~、好感度の高い草なぎ剛らと同じ位置にいるというのが驚くというか何というか、
場違い感がスゴイことになってますな。ランキング的にほとんどジャニーズだらけだし。

起用された会社というのも、割と大手の会社からも複数あったみたいで(リンク先参照)、
他のタレントさんと全然引けを取っていないんじゃなかろうか、素晴らしい。


正直「ローカルCMとかを含めた数字なんでしょ?」と思っていたのに、そうじゃなかったとは。



(↑ ちなみに、こちらは我が町広島で流れているローカルCM)


これからの芸人さんは、こういったダンディさんの成功例というものを考えて、
あらゆる媒体で使いやすいような一発ギャグを考えた方がいいのかもしれないね。

ほんと何が切っ掛けでブレイクするか分らない世界なのだろうし、
見る側からしても何が世間的にウケるのやら全く予想がつかないものだ。

決定盤!! CMの時代 ベスト
VARIOUS ARTISTS
ポニーキャニオン (2014-10-15)
売り上げランキング: 191,600






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation