鈴鹿サーキットの「できた!がいっぱい。13年夏」篇CM。

なんだか、ぱっと見レトロな色調という感じで、
なおかつこの歌の若干のダサさ加減が相まって個人的には好きかもしれない、このCM。

【スポンサードリンク】

お兄ちゃんが腰を振っているシーンなんかも、
「俺、かっこいいだろ?」みたいな表情をしてて、なんか面白い。

自己主張の権化とも言える振る舞いだよね、大局的に見ても。
まあプールだからなぁ、子供にとっては祭りみたいに一大イベントと呼べるのかも。
(特に近所の市民プールではなく、こういったちゃんとした施設ならなおさら)

あと、最後の方では水中眼鏡と緑色ベスト、それに加えて首には赤いスカーフという出で立ちで、
一瞬「ヒーロー物の主人公のコスプレしてんの?」という感じで、何とも言えません。

やはり、このくらい子供のカッコ良さの基準というのは、
ヒーロー物に出てくる登場人物ということになるのだろうなぁ。

そこを真似ることからお洒落に目覚めていくと、そういうことなのかもしれない。
まあ、実際は製作者側から着せられているだけだろうけども。


鈴鹿サーキット

スーパー戦隊の常識 レジェンド戦隊篇
双葉社
売り上げランキング: 144,559


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation