ザ・ニュースペーパーが出演しているゴースト・エージェント R.I.P.D.
「作曲家&ゴーストライター・演奏」篇CM。

たまたま見掛けたCMなんだけど、「これは駄目でしょう」と思えてしょうがない。
早くもこんなネタを堂々とやってしまうとはなぁ、よくOK!が出たものだ。

まあ、時事ネタを風刺するのがお仕事であるザ・ニュースペーパーだからってのもあるのかも。

【スポンサードリンク】

だけど、彼らって政治ネタばかりを扱っているのかと思いきや、
こういったある種のワイドショーネタまでやっちゃうのだね、その辺は驚いた。

面白ければ何でも有りみたいになって来ているのだろうか?
そうだとしたら他の一般的な芸人さん達と変わらなくなってくるので何とも言えません。
(最近では、ビートたけしまでもが佐村河内ネタをやってたみたいだし)


以下は、別ヴァージョンの「作曲家&ゴーストライター・謝罪」篇CM



謝罪篇の場合は、長髪を切るなどしたスッキリヴァージョンの佐村河内さんでお願いしたい。
そのくらいは忠実に再現するべきだと思うんだ。


あと、佐村河内ネタ以外にも、最近世間を賑わしたニュースをネタにした
新たなヴァージョンがあるみたいです、よくやったものだ。

ゴースト・エージェント R.I.P.D.「5000万円のカバン男」篇CM。



元都知事の猪瀬さんネタ。微妙に声が似ているような気がしないこともない。
ちゃっかりと小保方さんネタまでミックスしているところが面白かったw


ゴースト・エージェント R.I.P.D.「8億円の熊手男」篇CM。



みんなの党・元代表の渡辺喜美さんネタ。これはクオリティ低過ぎでしょう……。
政治ネタこそが真骨頂であるザ・ニュースペーパーなんだから、もうちょっと似せて欲しかったかも。


しかしあれだね、佐村河内さんなんかはこうやってネタにしてもらうことが増えることによって、
いつのまにやら本人もタレントデビューとかしちゃうそうな気がしてなんか嫌だなぁ。

なんだかそのくらいのことを平気でしそうな図太さがある人物だと思うんだよね、なんとなく。
でも、食べていくためなら何でもするという、そういった気概は見習いたいものだわ。


映画『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』公式サイト

「全聾の天才作曲家」佐村河内守は本物か―新潮45eBooklet
新潮社 (2014-01-14)
売り上げランキング: 3,459






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation