Panasonicの「レッツノート AXシリーズ」CM。
松田翔太は誰から追われ、何を必死に守っているのか、その辺が非常に気になるCM。

逃げるんならもっと人ごみに溢れる雑踏に逃げればいいのにと思うものの、
最終的に彼は非常に見晴らしの良いところに行ってしまうというおっちょこちょい。

【スポンサードリンク】

なおかつ、敵はヘリコプターだというのに、
わざわざヘリポートに出向くとか、ちょっと理解不能過ぎました。
彼はほんとに逃げる気があったんだろうか? 非常に解せない行動ばかりですな。 

最近の話で言えば、元CIA職員による個人情報収集問題とかあったりするのに、
このCMに限っては完全にアナログな感じがして何とも言えません。

いまや情報の奪い合いは電脳空間での戦いになっているのになぁ。

でも、ほんとに機密な情報はアナログの状態で管理しとかないと駄目だとは思うけれど。
そういった意味では、このCMって上記のような事件の警鐘を鳴らしている感じなのかも。

なおかつ、一般人からしたら、こういった鬼ごっこ的なものを今でも求めているんだよね。
完全なるエンタメ視点から言って申し訳ないんだけど。

リアルにこういった情報の奪い合いを人ごみの中で繰り広げてもらいたい。
それを生で見掛けるのが夢かもしれない。


レッツノートAX (CF-AX3) パソコン(個人向け) Panasonic

パナソニック CF-AX3CMCTS LETS NOTE CF-AX3シリーズ
パナソニック(Panasonic) (2013-07-20)


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation