これはなかなか考えさせられるCMな気がするね。

イイトコメガネはみんなの心の中にあるよ!」と彼らは言うけれど、
それって歳を経るとともにレンズに曇りが出てきちゃうという現実……。

【スポンサードリンク】

まず、人の良いところを見ようとする前に、
自分の悪いところの方が見えてきちゃって八方塞に陥ってしまうのだよ。
メンタル的に余裕がなくなってしまい、楽な方に逃げてしまう。

要するに相手の良いところ見つけるよりは、悪いところを指摘する方が簡単ということ。
そういった簡単で楽で、特に初めから嫌われてもいいと思っている人に対しては
空気を吸うがごとく批判してしまうというのも大人なら有ることだと思う。

一度のその楽な方に逃げてしまうと、なかなか戻って来れないんだよね。
ある意味で客観的になれなくて、どれだけ自分が相手に酷いことを言っているかが分からなくなる。
まあちょっと感覚が麻痺している状態なのだろうなぁ、たぶん。

何かの切っ掛けがあり、自分自身に対して有る程度の折り合いがつけられなければ、
こういった“イイトコメガネ”を自分の心の中で見付けることすら難しいのかもしれない。

しかし、大人でもたまにいるんだよな、非常に純粋な人が。
そういった人を見てさらに自己嫌悪に陥ってしまうという悪循環もあったりと大変です…。


ACジャパン

「心が凹んだとき」に読む本: 1日5分!“読む処方箋” (王様文庫)
心屋 仁之助
三笠書房
売り上げランキング: 170


[ad#336×280]






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation