ACジャパン・NHK共同キャンペーン「もったいないで明日は変わる」篇CM。

こういうCMによって問題意識などを高めるのはとても良いことなのだろうけど、
感情移入が高い人ほど不安を煽られ過ぎて、逆効果を生み出しそうな予感もしないこともない。

若干古いけど、「いつやるか? 今でしょ!」程度のノリの方が気持ち的には楽なのかもね。

【スポンサードリンク】


『もったいない』MOTTAINAI

その一言で、救われる。
自分を取り戻せる。
勇気が出る。

反省する。
本気になる。
復活する。

『もったいない』

その一言で、優しくなれる。
何か工夫する。
安心する。

希望を抱く。
歩き出せる。
歩き出す。

『もったいない』で、あしたは変わる。



何かしらの物がもったいないという話ではなく、基本的に“時間”の話をしているのだろうね。
ウジウジ、思い迷い、尻込みしている時間がもったいない。とにかく行動に移せ、ということか。

「優しくなれる」と「安心する」はよく分からないけど、めっちゃ発破を掛けてくるものだ。


2015年度AC・NHK共同キャンペーン:もったいないで明日は変わる|ACジャパン

作品テーマは、いま若い人たちに届けたい、大切な言葉「もったいない」を選びました。モノや資源を惜しむ「もったいない」
ではなく、未来を創造することばとしての「もったいない」が伝わればと思います。今は思い通りにならない人生だとしても、
立ち止まっていて「あきらめていてはもったいない」「なにもしないままではもったいない」。そんなメッセージをこめました


今回に限ったことではないけれど、こういう自己啓発的なCMが増えている気がしないこともない。
メッセージ性というものを込めようと思ったら、どうしてもこういうパターンになってしまう。

それがオリジナリティ溢れる言葉ならまだしも、二番煎じのようなものが多いから頂けないですな。
とはいえ、若者とりわけ青少年向けとなると分かり易さが全てだと思うので、しょうがないのかも。

大人があーだこーだと揚げ足取りするのも野暮というものか、ごめんなさい……。


それにしても、最後に少年が座っている場所っていうのは、
東日本大震災で被害にあった南三陸町の防災庁舎をイメージしているのだろうか?



もしそうだとしたら、今回CMって被災者向けとしても受け取れるということなのかなぁ。

「あきらめていてはもったいない」「なにもしないままではもったいない」
↑ いやぁ~、諦めたり、何もしないままの人なんていないでしょう……。

もったいないばあさん (講談社の創作絵本)
真珠 まりこ
講談社
売り上げランキング: 10,646


ACジャパン 「イイトコメガネ」CM、歳を経るとともにレンズに曇りが出てきちゃうという現実……

ACジャパン「となりの先生」CM、大人自身も好奇心を絶やさないようにしなければ






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation