なでしこジャパン・宮間あや(岡山湯郷Belle)が出演している
アディダス ジャパン「宮間あや: Take Today ~モノにしろ。~」篇CM。

今ちょうど「FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015」が開催中ということもあって、
こういったCMが発表されたということなのだろうね、言わずもがな。

こういう時にしか中々注目されないというのも悲しいところだけど、
女子サッカーを盛り上げていくためにも、泥臭く色んなメディアに出て行く必要があるのかも。

【スポンサードリンク】


しかし、なでしこジャパンの中で1人スポットを当てるとするならば
澤穂希(さわほまれ)なのでは? と思っちゃうところなんだけど、
一応キャプテンは宮間さんなので彼女にスポットが当たっても何らおかしくはないのでしょう。

でも、澤さんの言葉も聞いてみたかった、やっぱりベテランもベタランだしね。
女子サッカーの歴史と共に彼女の存在があったのは間違いないところなわけで。

アディダス キャンペーン

↑ ちなみに、アディダスのWEBサイトによれば、澤さん自身も契約選手みたいですな。


というわけで、今回のアディダス ジャパンCM。
これって、宮間さん自身が周囲に普段よく語る言葉だったりするのだろうか?


夢とか、目標とか、無理に見つけようとは思いません。
その日の練習をどうするかのほうが、大切だから。

サッカー人生においても、壁なんて今までなかった。
壁だと思い込むのは、いつも、自分自身。

壁をつくらないことが、私の強み。
モノにしろ。



これがプロフェッショナルということなんだろうか。
プロの中でも、かなり特異な感じがしてしまう、なんとなく。

夢や目標なくして、よく普段の練習を黙々とこなせるものだよね。
その辺がほんとに不思議な気がしてならないものだ、ストイック過ぎる。


よくオリンピック競技から外されてしまった競技者などだと、
「何を目標にしていけばいいのか分からない……」という話をよく聞くところだし、
目指すところが何もなかったら、そんなにストイックにはなり難いと思うんだけどなぁ。

そういう意味でも、宮間さんというサッカー選手は凄いということなのかもしれない。

ただただ、自分自身の技術の向上、それだけを考えてプレイしているのだよねぇ?
いや、技術の向上だって目標になってしまうから、それすら考えずに練習しているのかも。


何というか、このCMにより俄然宮間あやという人間が興味深くなってしまった、応援します。




【遠藤保仁】キリン企業CM「PASSER(パサー)」篇、“応援はパスだ”という考え方がなかなか面白い

【広瀬アリス】ABCマート「アディダス アディハニーインヒール 」CM、妹より姉の方が圧倒的に好きです(個人的に)






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation