サッカー日本代表・遠藤保仁(ガンバ大阪)が出演している
KIRIN(キリン)企業CM「PASSER(パサー)」篇。

サッカー日本代表を応援している企業は色々あって、これまでに様々CMが作られてきたけれど、
遠藤選手1人だけをクローズアップしているというのは、ちょっと珍しく感じるものだ。

今回CMには「PASSER(パサー)」篇というタイトルが付いているだけあって、
確かに遠藤選手らしいCMにはなっているみたいですな。

【スポンサードリンク】


国際Aマッチ出場数“最多記録保持者”ということもあり、その貢献度は計り知れない。
その半面で、日本代表は彼に頼り過ぎな気がしないこともないけれど。


その選手から、力をもらった人は数え切れない。

誰よりもパスを送り続けてきた、その選手。
今度は、人々からパスが送られる。

誰かに力をもらった人は、必ず誰かに力を送る。
人は、そうして生きていく。

応援は、パスだ。
応援は、人の間を続いていく。

KIRINは応援する。



「応援は、パスだ」という考え方は、なかなか面白い気がする。
応援された人は、また別の人に力を与えることにもなり、パスが続いていくというわけか。

こういう連鎖というのは実際にあることなのだろうね。
具体的に実感できなくとも、やっぱり周りの人から少なからず力を送られているのでしょう。

そして、自分自身も知らず知らずに周りにパスを、影響を与えているのかもしれない。
そのように考えると、身が引き締まる思いがするものだ(←スポーツ選手の常套句)


あと、ついでなので、Youtubeで見つけた遠藤選手のスーパープレー集を紹介しておきます。

【MVP】遠藤保仁 スーパープレー集 2014 Yasuhito Endo



去年、JリーグでMVPを受賞していたのですね、それは知らなかった。
というか、もうすでに35歳にもなるのでしょ? 他の選手が心配になってくる。

この年齢になるまで高パフォーマンスを維持出来ていることは確かに凄いんだけど、
彼に頼らずとも安定して戦えるチーム作りをしていかないことには、次のW杯も危うい気がする。

ロシアW杯は2018年なので、その頃遠藤選手は38歳かぁ……。普通に考えてちょっと厳しいね。


変えていく勇気 日本代表であり続けられる理由
遠藤 保仁
文藝春秋
売り上げランキング: 64,624


【竹富聖花】キリン・本搾りチューハイ「ぎゅっ、とくる」篇CM、余計なものかどうかを選別すること自体が大変そうな気がする

キリン メッツ グレープ「フリーザ」篇CM、手下とも息がピッタリな“フリーザ様”のダンスが素晴らしい!(悟空篇もあるよ)






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation