福山雅治、大泉洋が出演しているトヨタ・プリウスCM「先生と犬 月世界」篇。

あぁ、この2人が共演したプリウスCMって去年から始まってたね、完全に失念しておりました。
以前Ver.は先生と犬のやり取りがメインという感じだったけれど、今回は少し趣が違うっぽい。

初めて見る人だと犬が大泉さんの変わるところに「ん?」という感じかもしれないものの、
やはり今回は月へ自動車で行き来できるという部分がメインとなっているのでしょう。

(ちなみにだけど、犬の名前は“シニフィアン”というんだそうな)

【スポンサードリンク】


「今日は月が近いなぁ、ちょっと行ってみるか」
「ワン」
「TRY! PRIUS」
「すいつくような走り」

「行くぞ!」
「インポッシブル~~!! ほんと近いな」

「なんか息苦しくないか?」
「空気無いですよ……」
「戻るぞ」

「これが、プリウス? PRIUS! IMPOSSIBLE」


月へ自動車で行き来するための“ジャンプ台”が街中に普通に用意されているところ見ると、
気軽に月へ遊びに行くのが当たり前になっている世界観ということなんだろうか?

だいぶ未来の話(SF)なのか、はたまた何かしらの影響で月がものすごく近づいた世界なのか、
その辺のストーリー設定が非常に気になるCMですな(ちゃんと練られているかは分からない)


ただ、2人のセリフである「ほんと近いな」「なんか息苦しくないか?」から鑑みるに、
彼らも初めて月へ赴いたと推測出来るので、まだまだ月旅行は一般的ではないのかもしれない。

2人の住んでいる場所を日本だと仮定して、47都道府県どこからでも月へ行けるわけじゃなく、
ある特定の地域からしか行けなかったりするのかなぁ?(それこそ首都圏だけとか)

そして、月へ遊びに行く時の注意事項というものが存在しており、
酸素ボンベ持参することをメディア上で注意喚起されている世界観なんじゃなかろうか、たぶん。


ま、個人的に、このストーリーは夢落ちだろうとは思うけどね、それが一番しっくりくる。


あと、関係ないけど、なんとなく福山さんのWikiを読んでいたら以下のような記述を発見。


福山雅治 – Wikipedia

2011年2月27日放送の『魂のラジオ』において福山は、ニコニコ動画の熱心な利用者で、最初期からのプレミアム会員であることを明かした。また、動画内での生放送(通称・ニコ生)をよくチェックしているという。


なにぃ、まさか福山さんがニコ生をよくチェックしているとは結構ビックリなんですが。
TOKIOの城島さんとかもそうだけど、意外と芸能人でニコ動が好きな人が多い気がするね。

なんだか、ちょっとばかり親近感が湧いてしまうものです。

福の音(完全初回生産限定盤)(3CD+Blu-ray+スペシャルタオル+特製三方背ケース仕様)
福山雅治
Universal Music =music= (2015-12-23)
売り上げランキング: 2,533


新型プリウスCM「先生と犬 見に行く/乗ってみる」篇、今後TOYOTOWNの方に福山雅治らが登場する可能性がある?

【妻夫木聡】トヨタ・ノアCM「のび太とスネ夫のラップバトル」篇、ドラ頼みとドラ息子では一体どちらがマシなのか非常に悩ましい






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation