トヨタ・VELLFIRE(ヴェルファイア)「覚悟(黒)」篇CM。

このゴリラ(キングコング?)を扱ったCMってまだ続いていたのですね、知らなかった。
一応、シリーズ第1弾は今年の1月だったから、終わるにしても早いっちゃ早いのか。

個人的には「どうだ、カッコイイ台詞だろ?」という風に感じて、どうにも鼻についてしまう。

【スポンサードリンク】


本当に高級なものは、その高級さを自ら語ったりはしない。

黙って自分らしさを信じることができる男か。
おまえにはVELLFIRE(ヴェルファイア)に乗る覚悟はあるのか。

“史上最強のヴェルファイア”



これを自動車ではなく人間の事象におきかえるとするならば、
高級=高尚な人間」とでもいった感じになるのだろうか?

上記のように周りからも一目置かれる人っていうのは、知識をひけらかすこともせず、
偉ぶることもなく、それでいて素晴らしい人間性が滲み出ている人というイメージがある。


知識人ぶったり、偉そうに物事を語る人なんかだと、大抵ニュースなどで見聞きした情報を
あたかも自分が考え出したことのように語ったりするのが痛々しい事この上ないものだ。

あ、こいつ、朝のニュース番組のコメンテイターが言ってたことを
そのまま持論のように語ってるな、みたいなことが往々にしてあるもんなぁ、残念なことに。


「黙って自分らしさを信じることができる男か」と、本CMでも言われていることだけど、
見聞きした情報をちゃんと咀嚼してから“自分らしさ”のある見識を披露してもらいたい。

(↑ もちろん、自分自身にも言えることではある)


しかしながら、このCM自体がちょっと矛盾した感じではあるけれど。
どう考えても“高級さを売りに”した訴求の仕方をしているのは言わずもがなって感じだもんね。

乗る人の覚悟というより、売る側に覚悟はあるのか?(高級であることを謳わない)

ここで、ほんとに泥臭い内容のCMになっていたら説得力があるんだけど、そうじゃないからなぁ。
当然、広告だけじゃなく、ディーラー販売員さんだって黙って自分を信じてるわけにはいかない。


キングコング(1976) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 6,313


【野崎舞夏星】トヨタL&F 立命館大学相撲部コラボムービー、映像は興味深いけどナレーションが耳障りに感じてしまう……

トヨタ HARRIER「ハリアー H.H.篇・第三章」CM、画一的ではなく多様性があるからこそ面白いと思うんだ






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation