MINI JOHN COOPER WORKS(新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス)「SCHOOL」篇CM。

これ絶対小学生時代にやったよね、友達と“雑巾がけレース
懐かしい気持ちと同時に、ちょっとホッコリとした気分にさせられるものだ。

何の前振りもなく唐突に始まり、それでいて絶対に負けられない戦いがそこにはある。

【スポンサードリンク】


まさに「レーサーの血を、呼び覚ませ」というコピーに相応しいシチュエーション。
なんだか妙に説得力があり、そしてすごく共感してしまうCMですわ。

なぜ、急に“負けられない”という気持ちが強く喚起させられるのだろう?
雑巾がけレースに勝とうが負けようが、人生に何ら影響もしないというのに。

突如沸き起こる闘争心、レーサーの血。人間って不思議な本能を持っているものだ


以下は、別ヴァージョンのCM。


MINI JOHN COOPER WORKS「SALARYMAN」篇



これも分かるなぁ。全く知らない人相手だというのに、抜かれたくないと思ってしまう。
特に横断歩道なんかだと、いち早く渡り終えたいと感じちゃうものだよね。


MINI JOHN COOPER WORKS「GYM」篇



僕自身はジムには行ったりしないけれど、この心理は理解出来るところではある。
カッコつけたいという気持ちも多少なりともあるのでしょう。

段々と「スピードの早い自分カッコいい!」という感じで、自分に酔い始めるのだろうけど。


MINI JOHN COOPER WORKS「SUSHI」篇



これはいまいち理解出来ない。隣の人の食べっぷりがそんなに気になるものなんだろうか?
大食いの人ってほとんど自己満足な気もするんだけど、他人が気になるものなのかなぁ。

お皿が高く積みあがる優越感は分からなくもないけどね。


MINI JOHN COOPER WORKS「WALKING 」篇



こちらは内容的に「SALARYMAN」篇と大して変わらないかもしれない。
人間様のくだらない競争心に巻き込まれたワンコが可哀想。


MINI JOHN COOPER WORKS「BOAT」篇



こういった公園内のボートでも競争心が生まれるものなのですね。
ある程度漕ぐことに自信を持っている物同志じゃないと、そういう心理にはならないのかも。


レゴ クリエイター ミニクーパー 10242
LEGO
売り上げランキング: 7,777


MINI(ミニ)「人生に、相棒を。」篇CM、最初に出てくる夫婦と最後に出てくる老人の関係性が気になる

MINI(ミニ)CROSSOVER「忍者」篇CM、未だに日本に対して変な固定観念があるわけか……






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation