SUZUKI(スズキ)スペーシア「モンスター」篇CM。

この“ゴーストバスターズ”の音楽がとにかく懐かしく感じる、今日この頃。
今聴いても、なんだかんだでワクワク感というものを喚起させられるものだ。

思い出補正もあるのだろうけど、音楽だけで上記のような気分にさせられるのも稀有な体験。

【スポンサードリンク】


そして、ゆるキャラっぽいモンスターの登場。
“ゴースト”バスターズだというのに、“モンスター”とはこれ如何に。

やっぱり、ゴーストとモンスターってかなり別物のような気がしてならないですな。
日本語にすると幽霊と怪物なわけだし、仲間のように見えて全然違うんじゃなかろうか。

まあでも、そんな細かいこと気にすんなよ!ってことなのでしょう。
もふもふしたモンスターと音楽のノリを楽しめばそれで良しということか。


スペーシア スペシャルサイト スペーシアには、かなわない!

↑ ちなみに、公式WEBサイトにてモンスターのプロフなどを見ることが出来る模様。

しかし、セマーイとかいうモンスターが、どうにも“ムック”に見えてしょうがないんですが。
ムックよりスタイルは良いけれど、赤くてもふもふしてるとムックにしか見えなくて大変だわ。


それから、最近同じく自動車のCMでモンスターが登場するものがあるんだよね。

New BMW 1シリーズ



BMW コネクテッド・ドライブ



「セサミストリート」に登場するクッキーモンスターが起用されているらしい。
こういうキャラがいることは知っていたけれど、“クッキー”としか喋らないキャラなのですね。


それにしても、ドイツ車の宣伝にアメリカのキャラクターを使用しておいて、
なおかつ「BMWドライバー・サポート・デスク、伊藤が承ります」という音声が流れるという、
色々とミックスされた感じに座りの悪さというものを感じてしまう……。

ドイツならドイツで統一させてくれていた方が良かったような気がするものだ。
でも、ドイツのキャラクターと言われても全く思い出せないけれど。


全国ご当地キャラクター名鑑&パーフェクトDATE BOOK 2014 (B・B MOOK 1105)
日本ご当地キャラクター協会
ベースボール・マガジン社 (2014-09-19)
売り上げランキング: 109,392


スズキ「ラパン・ショコラ」CM、なぜ女の子は買った物を忘れちゃったのだろう?

スズキ「新型スペーシアカスタム」CM、“グーン、ダーン!”の意味がようやく分かった






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation