トヨタ HARRIER「ハリアー H.H.篇・第二章sideA/sideB」CM。

前回CMである第一章が映画のようなクオリティで話題になったものだけど、
今回その新作である第二章が発表されたみたいです。

個人的には、前回の続きのようなものを期待していたものの、
自動車の擬人化”という部分は一緒で、それ以外の物語は新たなものになっているらしい。

【スポンサードリンク】

そもそも、登場人物も一新されているみたいだし、繋がりなどは一切ない模様。

まあ、前回CMは去年の11月頃に放送されていたこともあるわけで、
今更物語の続きを描いたとしても、内容に付いていけない人が続出するだろうから、
完全に新たなものを作って正解だったのかもしれないね。


しかし、前回CMを知っている者からしたら、“自動車の擬人化”というネタバレを知っているだけに、
今回の新CMは前回ほどのインパクトを感じられないのが残念でないらないです。

渋いおじさんが綺麗な女性に取って代わっただけだもんなぁ、基本的には。


これは私たちの奇妙な関係についての物語である。

彼女の魅力を一言で語ることは難しい。
海の彼方を見つめる彼女は凛々しく、私を待つその姿は美しく愛おしい。

しかし私は焦りに駆られるのだ。
私が知る彼女は、本当に彼女なのだろうかと。

その想いは、私を幻想へと誘う。

見知らぬ東洋の街を彷徨い、混乱と情熱の中、その姿を探し求める。
その存在は永遠なのか? それとも一瞬なのか?

私が不安に怯えていると、

「大丈夫よ」

そう言って、私を包み込むのだ。

そう、彼女の名は H.H.
決して忘れることのない名前だ。



とはいえ、前回主人公よりも今回の方が車に対する“愛”というものが深い気がしないこともない。
愛情と狂気は紙一重だなんてことを言ったりするけれど、まさにそんな感じ。

人間ではなく物を愛し過ぎても、こんな感じになってしまうというのだろうか?
なんだか彼の表情を見ていても、とても車を眺めている表情とは違う気がする……。


何でもそうなんだけど、ハマり過ぎるとよくないことなのだと思い知らされる気分かもしれない。
幻想へと誘われたのが運転中じゃなくて良かったよねぇ? ほんとに。

ここまで愛車狂のような状態だと事故を起こさないか心配になってきますな。


ついでなので、sideA/sideBの別々のヴァージョンも貼っておきます。
やっぱり別々に見たほうが作品として良いかもしれない。

ハリアー H.H.篇第二章 sideA 120秒
ハリアー H.H.篇第二章 sideB 30秒


ニューモデル速報 489 新型ハリアーのすべて (モーターファン別冊)
三栄書房 (2013-12-18)
売り上げランキング: 10,061


トヨタ HARRIER「ハリアーH.H.篇/sideA・sideB」CM、頼むから略すなよ!と言いたい

TOYOTOWN(トヨタウン)ザ・セールスプロモーションCM、まさかの“2代目こども店長”の登場に驚愕!また他社がパクったようなCMを作らないかなぁ






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation